<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバー

<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバー



<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバーブログ:2014/09/18


ダイエットをして体重を落としたとしても、
からだのエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
からだを温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
からだを冷やす食材とからだを温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むとからだが温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
からだを温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
からだが温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑いからだを冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものにはからだを温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものにはからだを冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものがからだを温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものはからだを冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
からだを冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、からだを温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、からだを温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、からだを温めますよ。




<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバー

<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバー

★メニュー

<脱毛ガイド>スキンアナライザーで事前チェック
<脱毛ガイド>全身の脱毛が可能になった最近の脱毛器
<脱毛ガイド>初めてでも安心の「センスエピ」
<脱毛ガイド>脱毛中は保湿が非常に大事
<脱毛ガイド>画期的な脱毛器「シルキン」
<脱毛ガイド>コントロールジェルMEの使用方法
<脱毛ガイド>最近はヒゲ脱毛クリームが人気
<脱毛ガイド>トライアルセットで試してみよう
<脱毛ガイド>自己処理には電気シェーバー
<脱毛ガイド>プレミアムビューティースキン


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しない脱毛と美容ガイダンス